04 その他

 

いつも同じ味の炒飯が得意料理になってしまっているそこのキミに提あん

いつも同じ味の炒飯が得意料理になってしまっているそこのキミに提あん

February 5, 2010 by ピカード

あんかけ炒飯

でもいつも同じ味のあの料理しかできないし・・・そんなときはコレだ!

ピカード

ピカード

イタリアン

・無類のイタリアン好き。 ・毎日ペペロンチーノとマルゲリータでも大丈夫そう。 ・イタリアンのお店に行ってメニューに迷った場合はとりあえずオリーブオイルのカテゴリから選ぶ。 ・ウマイと思ったものは暫く飽きるまで食べ続けることがよくある。 ・舌がひじょーにバカなので余程じゃないとマズイとは言わない。 余談ですがSTARTREKのピカード艦長はフランス人の設定。

自炊をしたいけど、やっぱり面倒でどうしてもコンビニなどで済ませがちになってしまう。
たまには家で作るんだけど、炒飯ばっかり・・・という男子に提あん。

今回は男の残りモノ(残りモノの男ではない)お手軽料理を紹介してみようと思う。

困ったときの『あんかけ』

あんかけってとっても便利。
基本的にどんなものでもあんを絡ませれば、なんとなく食べられるものに変身してしまう。
例えば3パック100円の生麺の焼きソバなんかも、いつも付属のソース味じゃ飽きてしまう。
そんなときに役に立つのが「あんかけ」っつーわけ!

あ、そうそう。
調味料関係は一揃えしておくといろいろ便利だよ。

砂糖・塩・コショウ・醤油・酒・お酢・みりん・顆粒ダシ・顆粒コンソメ・小麦粉・片栗粉・油
とりあえずこんなもんでどうだろうか。
「コーヒー飲む時の砂糖しかねーっす!」という漢なヤツは、この機会に是非基本調味料だけでも揃えちゃうことをオススメするよ。

あとはソース・ケチャップ・マヨネーズ・味噌・タバスコとか。
乾燥ニンニクチップとかタカの爪あたりもあると良いかと。お好みで。
ひとまずこれだけあればなんでも対応可能!・・・ってあたりまえ。

ちなみにダシなんかは、カツオ節と熱湯があれば簡単にとれるのでそれでもok。
むしろそのほうが経済的ダシ!(←ココ大切)

あんかけ炒飯さっそく完成写真。
すまぬ。作ってから思い立ったので出来上がりしかないのだ。

作り方は至って簡単

[材料]
今回使用した食材は、白米・万能ネギ・タマゴ・ゴボウ。
あんかけには、顆粒ダシ・塩・コショウ・醤油・砂糖・片栗粉。

[手順]
1)まずは「あん」から作るぞ。
手鍋(小さな鍋。行平鍋など)に水を好きな量張る。
そこに顆粒ダシ適量、塩少々(ホントにちょびっと)、お酒(無くても可)、醤油少々(お水に軽く色が付く程度でok)
そのまま火にかけて軽く沸騰させちゃう。

2)水溶き片栗粉を用意(水1:片栗粉1の割合)よく混ぜましょう。放って置くと沈殿するので適宜マゼマゼ。
3)鍋の火を止め、鍋をかき混ぜながらちょっとづつ水溶き片栗粉を注入。
4)火をまたつけて更に鍋をかき混ぜると序々にとろみが・・・!ちょっと強めに作ると食べる時のボリューム感が増すぞ!お好みで。
5)今回はあんの方に刻んだネギを大量投入。
6)炒飯も平行して用意だ!フライパンに油を適量。ちょっと温まってきたところでタマゴを投下!
7)タマゴが固まる前にフライパンで適当に溶いたところで、ベチョっと白米投下!
8)白米全体が黄色くなるようにタマゴとまぜる。(ちなみに今回はゴハン側に味付けはしてない)
9)うまくタマゴと混ざっていればパラッとするので適当なとこで器へ。
10)いよいよあんをかけるぞ!とろーっと、好きなだけかける・・・以上。完成?
※)ゴボウ使ってないじゃんよ!これはお好みで。ささがき状にしたゴボウを油でからっと揚げるだけ。
このときのゴボウはキンピラゴボウみたいな角棒じゃなく、ペロンって薄っぺらい感じに切るといいぞ。ゴボウを回しながら先の尖った棒を削りだす様な感じでそぎ落として切っていこう。切ったゴボウはできればすぐに酢水にちょっとつけてあく抜きをしよう。真っ黒になってしまうぞ!
手鍋かフライパンに少し多めの油を火にかけて、ゴボウを揚げるぞ。少ない油で揚げるコツは鍋やフライパンを傾けて、一箇所に集めた油を使って揚げるのだ。あまり強火でやりすぎるとカリッとしないうちに焦げてしまうので注意!
ゴボウのカリッとした食感が加わると「ちゃんと作った感」が120%UPするぞ!
Let's Challenge!


コンナ感じでおいしく頂けちゃうことウケアイ。
あ、料理のセオリーとか基本とか全然わからんので「もっとこうした方がいいぜー」なんていう情報はいつでもwelcome!

実はスープ炒飯作ろうと思ってたのはナイショだよ。

 

キーワード

あんかけ お手軽 チャーハン レシピ 残りもの 炒飯 男の料理

Bookmarks

Yahoo!ブックマークに登録 このページをLivedoor クリップに追加 このページをはてなブックマークする いつも同じ味の炒飯が得意料理になってしまっているそこのキミに提あん ごくうま.jp|おいしいお取り寄せ 全国各地の極旨(ごくうま)グルメ お取り寄せ&食べ歩きをBuzzurlに追加Buzzurlにブックマーク このページをニフティクリップに追加 ドリコムRSS いつも同じ味の炒飯が得意料理になってしまっているそこのキミに提あん ごくうま.jp|おいしいお取り寄せ 全国各地の極旨(ごくうま)グルメ お取り寄せ&食べ歩きをGoogleブックマークに追加 イザ!ブックマーク この記事をPOOKMARKに登録する いつも同じ味の炒飯が得意料理になってしまっているそこのキミに提あん ごくうま.jp|おいしいお取り寄せ 全国各地の極旨(ごくうま)グルメ お取り寄せ&食べ歩きをChoix に追加 いつも同じ味の炒飯が得意料理になってしまっているそこのキミに提あん ごくうま.jp|おいしいお取り寄せ 全国各地の極旨(ごくうま)グルメ お取り寄せ&食べ歩きをDiggに追加 reddit トピックイット このエントリをFC2ブックマークへ追加 いつも同じ味の炒飯が得意料理になってしまっているそこのキミに提あん ごくうま.jp|おいしいお取り寄せ 全国各地の極旨(ごくうま)グルメ お取り寄せ&食べ歩きをBloglines に追加 いつも同じ味の炒飯が得意料理になってしまっているそこのキミに提あん ごくうま.jp|おいしいお取り寄せ 全国各地の極旨(ごくうま)グルメ お取り寄せ&食べ歩きをTechnorati に追加 このページをdel.icio.usに追加する Newsing It! Twit This Dot This!

コメント(0)

 
  • お名前必須
  • メール必須(公開されません)
  • URL
  • スパム対策必須

トラックバック

 
 

この記事のTrackBackURL

編集後記

編集長非常に良い「提あん」だと思います。
ピカードさん、「あん外」料理が得意なのね!健康的なゴハンを食べていると知って、
「あん心」しました。。

ピカード得意というわけではないですけどね。なんせ大衆居酒屋仕込みだもんでタカがしれてます。
趣味は包丁を研ぐことと、キャベツを切ること。感触がタマランw

編集長何か危険なにほいがしますな。。
仕事をしなさい!仕事を!

最近のその他記事一覧

 

気になるカテゴリはありましたか?[CategoryChoice]

 

こちらの記事もご一緒に

 

人気記事ランキング[PopularArticle]

 

最近のコメント

 

携帯でもご覧いただけます!

ごくうまモバイル[試験運用中]

 

うまいモノワード検索

キーワードで探す[KeyWords]